平成28年度 塙厚生病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 80 29 47 53 60 165 363 555 776 280
平成28年4月1日から平成29年3月31日までの間に退院された患者数を10歳刻みで集計したものです。
診療圏内の高齢化に伴い、60歳以上の患者の割合が高く、全体の82%を占めております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 87 26.06 17.95 4.60 83.78
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 53 2.13 2.72 0.00 63.66
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 39 29.41 21.25 10.26 85.23
0400801499x002 肺炎 31 27.90 15.29 3.23 86.55
030400xx99xxxx めまい症 28 11.25 5.24 0.00 76.57
心不全・誤嚥性肺炎・肺炎の当院の平均在院日数が全国平均在院日数と比較して長くなっておりますが、これは平均年齢の高さが影響している
と思われます。施設からの入院も多く、日常生活で介助を要する方が多く見受けられます。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎 53 4.91 5.79 1.89 4.62
患者数は少ないながらも小児科の入院患者の受け入れはあり、少しでも地域の医療に貢献できるよう努力しております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 37 3.46 4.48 0.00 58.68
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 32 3.59 12.35 0.00 68.28
060160x002xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 24 3.13 4.97 0.00 71.29
060040xx99x60x 直腸肛門の悪性腫瘍 20 3.00 4.41 0.00 73.25
060050xx99x30x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍 19 2.95 10.87 0.00 73.11
鼠径ヘルニアでは腹腔鏡での手術を積極的に行っており、術後の侵襲も少なく全国平均在院日数よりも当院の平均在院日数が短いことがわかります。
ほかの4疾患では化学療法の短期入院がメインとなっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 大腿骨骨折 58 36.71 27.63 6.90 84.28
160690xx99xx0x 胸腰椎圧迫骨折 38 21.66 20.57 0.00 83.87
160990xx99x0xx 多部位外傷 21 21.24 18.35 0.00 84.10
160760xx97xx0x 前腕骨骨折 15 8.13 5.49 0.00 66.27
080011xx99xxxx 蜂窩織炎 12 14.92 11.97 0.00 66.25
大腿骨骨折、胸腰椎圧迫骨折については平均年齢も高く平均在院日数も全国より若干長くなっております。
当院で手術・リハビリをし自宅へ帰る傾向が見られます。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障 248 3.05 2.91 0.40 76.78
高齢者の白内障手術は年々増加傾向にあり当院では3日間の入院にて手術を行っております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 18 3.11 2.68 0.00 74.22
110280xx99000x 慢性腎不全 13 22.69 12.84 15.38 74.23
前立腺の悪性腫瘍では市町村健診の二次検査で疑いの方を対象に検査入院がメインとなっております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 - - 13 - - 1 7
大腸癌 10 - 16 - - 84 2 7
乳癌 - - - - - 11 1 7
肺癌 - - 15 31 - - 1 7
肝癌 - - - 28 - - 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌において、初回治療を行った場合を初発とし、がんの進行度をStageとして分類しております。StageⅣが最も進行した病期を表します。
患者数としては大腸癌が最も多く、次いで胃癌・肺癌となっております。当院では入院治療として化学療法が行われている為、再発患者数が多い数値を
示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 87 22.89 77.30
重症 35 27.77 86.23
超重症 11 27.91 85.36
不明 - - -
市中肺炎とは、普段の生活の中(病院外)で発症した肺炎のことです。
患者数としては中等症が一番多く、平均年齢に着目すると高齢なほど重症・超重症になる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 74 31.89 82.08 10.80
その他 15 22.20 77.60 0.00
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞関連疾患を分類した指標となります。当院では80%以上の患者さんが発症から3日以内に治療を開始していることがわかります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 53 0.06 1.43 0.00 64.40
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 14 7.64 9.43 0.00 82.29
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 11 1.27 7.91 0.00 74.64
内視鏡的手術が上位を占めており、それ以外にも胃瘻造設術・内視鏡的胆道ステント留置術等をおこなっており、内視鏡的治療を積極的に行っております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 24 0.38 1.75 0.00 71.29
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 14 14.36 15.57 14.29 77.64
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 10 3.30 3.80 0.00 65.00
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 10 0.50 3.20 0.00 34.90
近年当院では開腹よりも術後の侵襲度が低く、早期の退院を目指した腹腔鏡での手術が主流となっております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 43 3.44 30.35 9.30 82.81
K0462 骨折観血的手術(前腕、下腿) 18 3.67 23.50 0.00 65.28
K0811 人工骨頭挿入術(股) 18 6.83 30.28 0.00 81.67
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕、下腿) 16 0.69 3.00 0.00 65.69
高齢者の大腿骨骨折に対する骨折観血的手術・人工骨頭挿入術が約6割となっております。診療圏の高齢化の影響が考えられ、骨折の原因としては転倒による
ものが多く見受けられます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 243 0.07 1.99 0.00 76.67
高齢者の白内障手術を週2回おこなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる 15 0.62
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 17 0.71
異なる - -
敗血症は入院契機病名と異なっており合併症として発症している症例が見られます。
手術・処置等の合併症は、入院契機病名と同一であり治療中の発症ではない症例があります。
更新履歴
H29.9.28
平成28年度実績を公表
H28.9.21
平成27年度実績を公表